広告 モテるためのノウハウ

なぜハイスペック男子なのに彼女ができない?女性にモテる非3高男性がやっていることとは

なぜハイスペック男子なのに彼女ができない?女性にモテる非3高男性がやっていることとは
40代男性に向けた婚活ブログ運営者(ココカラ)をイメージしたプロフィール画像

ココカラ

東京在住。1978年生まれの独身一人暮らし。30代で結婚して40代で離婚を経験。結婚相談所・マッチングアプリでの再婚活歴3年。ブライダル業界のT社に10年勤務。

高学歴・高身長・高収入の3高と呼ばれる男性なら、すぐにでも彼女ができ、ゴールインするというイメージがありますよね。

でも一見するとハイスペ男性は婚活市場で人気がありそうですが、「スペックが高いのに人気がない」ケースは意外と多いです。

そこで今回、「3高男性」、「ハイスペ男子ではない」のに女性にモテる男性がやっていることを紹介します。

ハイスペ男性は自信過剰で褒めるのが下手

3高男性をイメージした画像

最近よく聞く「ハイスペック」という言葉は「高機能」「高性能」といこうことであり、学歴や収入、身長などが高い男性によくつけられます。

すると知らず知らずのうちに自信過剰になりがちに。

大事なときにプライドが邪魔をしていませんか?

自信を持つことは良いことですが、それは適度な自信に限ります。

自信がありすぎる人っは謙虚さがないくて嫌味ですし、自信過剰な男性は女性にとって、次にはもう会いたくない人なのです

自分が悪いと頭ではわかっていても、プライドが邪魔して謝れない男性もいます。

自分の非を素直に認められない男性は、自分の評価ばかりを気にしてしまう傾向がありますので、高すぎるプライドを持たないようにしましょう。

非3高男性ならすぐに謝り、その場をなだめることが可能なのです。

話している人の気分が良くなるような褒め言葉をかける

相手の話を真剣に聞くだけでなく、相手の気分を良くするような発言もしましょう

話の内容から褒めたり共感したりするポイントを見つけて、相手に伝えるのが上手な人であれば、相手は話していてとても気分が良くなります。

意識しているかどうかに関わらず、攻撃的なことしか言えない人は、女性だけでなく同性からも敬遠されてしまいますし、スペックが高いと普通の人以上に不快な思いをさせてしまいます。

また、プライドが高い男性は褒めるのが苦手で、女性に人気な男性は褒めるのが大変上手です。

非3高男性は女性にモテる褒め上手ですので、褒めることを意識しましょう。

ハイスペ男性より話し上手・聞き上手な男性の方がモテやすい

聞き上手な男性をイメージした画像

事実をきちんと報告し、指示を与えるだけで済むビジネス上のコミュニケーションに比べ、恋愛の会話ははるかに難しいものです。

正しく伝えたり、質問したりしても、必ずしも物事がうまくいくとは限りません。

自分の話ばかりしたり、返答に困る会話が延々と続いたりする男性は、どんなにスペックが高くてもモテません。

ハイスペック男性同士の会話は「つまらない」「会話が広がらない」「敬語ばかり」「会話の内容がつまらない」という印象を持たれることが多いです。

多くの女性にどんな男性が好きですか?と聞くとこう答えます。

「話しやすい人」

「話していて楽しい人」

女性は基本的に話すのが本当に好きな生き物といっていいでしょう。

そのため、聞き上手な男性は非3高でもモテるのです。

女性にモテる(会話の内容以外の)コミュニケーション

女性の話を聞く40代男性

「パートナーに好きになってもらうためには何を言えばいいのか?」という最も重要な会話スキルを学ばずに大人の世界に放り込まれてしまいました。

高度なテクニックともなると、会話の内容を足したり、意図的に引いたり、声のトーンやジェスチャーなどを変えたりすることもあります。

ただ、恋愛慣れしていない、もしくはもともと会話が得意でない男性には高度な会話術を聞いたとしてもなかなか実践できません。

そこで実践してほしいのが(会話の内容以外の)コミュニケーションです。

女性は共感されたい生き物だから相槌のバリエーションを増やす

女性は本能的に頼れる男性を求めます。

それは、女性が自分の気持ちや周りで起こっていることを他の人に知ってもらいたいという強い欲求があるからです。

その女性の共感してもらいたいという欲求に男性が応えることで、この人は私のことを理解してくれていると特別な理解者として、女性はあなたを好きになるでしょう。

話を聞いているときに「そうなんだ」「そっかぁ」ばかりではだめです。

なぜなら同調するだけで自分の意見を言ってくれない男性に対して、女性にとって相手は何を考えているのかわかりにくく、話していて楽しさにはつながりにくいからです。

相手が話しやすいように、尋ねたり、褒めたりすることを女性にモテる非3高男性は意識しています。

「そうなんだ!」と笑顔で相槌をうつことももちろんOKですが、特に「褒める」は女性からのポイントは非常に高いのです。

話を聞いている時に表情をつける

聞き上手な男性ほど、表情がはっきりしていて分かりやすいです。

無表情だと何を考えているのかわかりにいので、相手が心を開きにくくなります。

相槌打ちながら笑顔で聞いてくれるだけでも印象は違うでしょう。

表情から寄り添ってくれていると感じられると本当の気持ちを見せやすくなります。

男性が悲しい時に口角を下げて口元がへの字になっていれば、女性は発した言葉に大きくリアクションを取ってくれるので、もっと話したくなるのです。

相談された時は、ひたすら共感する

女性が相談してきた時、あなたはつい解決策をズバッと言っていませんか?

女性が相談に乗って欲しい時は、実は、共感を求めている時がほとんどで、たいした解答など求めていないのです。

もしここで正論を言うと女性は自分のことを理解してもらえていないと感じ、反感を買うことまでもありえます。

聞き上手な女性にモテる非3高男性は、女性が相談してきた時に最初に共感を示しますから、まずは相手を受け入れましょう。

会話がもっと上手になってモテたい人におすすめな人気本

3平男性をイメージした画像

なかなか会話を切り出せない、沈黙がつらい、話題が見つからないという男性向けの人気の本を3冊紹介します。

SNSなどでも評判ですので、ぜひ買って読んでみてください。

婚活 最強の会話術

◎第1章 女性とサシで話すモテトーク
◎第2章 色々な出会いの場でのモテトーク
◎第3章 恋愛偏差値をあげるモテメール
◎第4章 初デートでのモテトーク
◎第5章 二度目のデートでのモテトーク
◎第6章 プロポーズを決めるモテトーク

結婚願望があるが出会いがない、婚活になかなか踏み込めない、そんな男性が増えている。

各種の婚活イベントにおいても、積極的なのは女性ばかりで自ら会話をリードできる男性が少ない。

婚活しようと考えているが恋愛経験も少なく、たとえ容姿が優れ、高学歴、年収が高くても 女性との会話において、自己アピールができない、恋愛に対しての苦手意識がある。

そんな初めて婚活する男性から、バツイチで再婚を考えている男性たちに、 仲人のお節介おばさんのように微に入り細に入り、会話術から服装、持ち物まで、 イラストや図解をふんだんに交えわかりやすくコーチング。

話すより10倍ラク! 新 聞く会話術

おすすめな人

・口下手で、会話がなかなか続かない
・苦手な人が相手だと、気まずい空気になってしまう
・初対面で話題が見つけられない

自分が話し上手にならなくても、相手が安心して気持よく話せる場をつくる方法を知っていれば、もう、会話がとぎれて居心地の悪い思いをする心配はありません。

本書では、ラジオDJとして経営者、歌手、俳優、スポーツ選手、医者、映画監督、写真家など、のべ5000人を超えるゲストへのインタビューを経験し、現在は話し方教室を主宰する著者が、相手が安心して気持よく話をできる会話のしかたについてお伝えします。

またすぐに! 会いたくなる人の話し方: 「相手を主人公にして話す」という全く新しいスキル!

こんなことを言われたら、誰もがあなたを好きになる!

◎「お話の続きをぜひお聞かせください」はキラーワード
◎「これもあなたのお人柄ですね」とサラリと言える人
◎相手の努力に注目! 「けっこう、頑張ったんじゃないの?」
◎話題選びが難しい時は「ご苦労もおありでしょう」

★★著作累計150万部突破★★
ベストセラー著者で「話し方のプロ」による
人の「心のツボの押し方」を教えてくれる本!

相手がどんどん乗ってきて、
新鮮なエピソードがポンポン飛び出す
「相手を主人公にした話し方」とは

人を「惹きつける」話し方 

「人を惹きつける話し方の技術」を活用することで、約500名近くいる社員の中で「多大なる貢献をした社員第2位」を獲得。 自身の特異な経験をもとにした独自の講話は口コミで全国に拡がり、経営者やビジネスリーダー、営業マン、接客関係者まで、受講後に結果を出す人が続出。

「流れるように上手に話す必要はない」「かっこよく華麗に話す必要はない」。

人見知りでも、口下手でも、「人を惹きつける話し方」はできる。

「人を惹きつける話し方」には、生まれ持ったセンスも、精神論的な訓練も必要ありません。

口下手でも人見知りでも極度のあがり症でも身につけることができます。

まとめ

お酒を飲みながら会話する40代男性と女性

自分の考えを言葉で伝える会話は人生のパートナー選びに大きな影響を与えます。

ロマンチックな会話、初対面の相手に特別な異性の感情を呼び起こし、この男性をを失いたくないという気持ちを強く思い出させるのはとても大事です。

でもそれでうまく行かないのなら、相手を褒めること、相手に共感すること、自分よりも相手に多く話をさせてあげることなどを意識しましょう。

きっと二度目のデートに誘えばOKと言ってくれますよ。

男性に特化した婚活戦略で理想の女性との成婚に導く【結婚相談所ヒーローマリッジ】

-モテるためのノウハウ
-,