婚活

40代男性で復縁できない場合に実践するべき5つのポイント!

40代男性で復縁できない場合に実践するべき5つのポイント!
40代男性に向けた婚活ブログ運営者(ココカラ)をイメージしたプロフィール画像

ココカラ

東京在住。1978年生まれの独身一人暮らし。30代で結婚して40代で離婚を経験。結婚相談所・マッチングアプリでの再婚活歴3年。ブライダル業界のT社に10年勤務。

「40代で復縁をすることは難しい?」
「復縁できない場合に何をすれば良い?」
「40代の男性で復縁できずに悩んでいる!」

40代で別れてしまったら復縁をするのは難しいのでは、との悩みを抱えている男性は多いようです。

確かに若いカップルが別れて再び付き合い出すのと、ある程度の年齢の男女が復縁をするのは感覚が違うでしょう。

ですが、40代の方々が復縁ができないかと言えばそんなことはなく、実際にやり直すことができたなんてケースはかなり多いものです。

だからこそ今回は40代男性で復縁できないと悩んでいる方々へ向けて、復縁のために実践するべき大切な5つのポイントについて解説していきたいと思います。

40代男性で復縁できない場合にするべきことは?

復縁をお願いする40代男性

それでは早速40代男性で復縁できないと悩む方へ向けて、実践するべきポイントについて触れていきましょう。

主に5つの項目で大切なポイントを解説していきますので、各項目に目を通し、そして復縁のために実践をしてみてください。

相手を意識しすぎない

まず40代男性が復縁をするポイントとして、相手を意識しすぎないことが大切です。

復縁を強く意識しすぎると期待が高まるとともに、変な緊張が相手にも伝わってしまうものです。

例えば友人のような関係に戻ったとして、そこから復縁を強く意識しすぎると会話や雰囲気から嫌な重みが相手に伝わってしまいます。

相手が復縁を意識していれば良いのですが、そうでない段階でそういった復縁の重みを感じさせるような雰囲気が常に出ていると、相手は一緒にいることを苦痛に感じてしまうでしょう。

復縁したいと思う気持ちは大切ではありますが、40代男性で復縁できないと悩んでいる方は、相手を意識しすぎないことも大切なポイントだと覚えておいてください。

ある程度はポジティブに

次に復縁を成就させるために、ある程度はポジティブに考えることも大切です。

40代でつらい別れを経験してしまう男性の中には、自分の価値に疑問を持ってしまう人も少なくありません。

「自分なんてどうせ…」のようなネガティブな感情を常に持っていては、復縁を実現させることは難しいでしょう。

もちろんつらい気持ちを感じることもあると思いますが、本気で復縁を実現させたいのであれば、ある程度はポジティブに考えることも大切!

一度別れてしまったけれど、今度はお互いにとってもっと良い関係になるための前準備のようなイメージを持ち、復縁のために行動をしていくのがスマートだと言えますね。

適度な距離感でアプローチ

また適度な距離感でアプローチをすることも復縁成就に大切なポイントです。

40代男性で復縁できないと悩む方の多くは、この適度な距離感でのアプローチができない人が多いです。

先の「相手を意識しすぎない」と少し似ている部分でもありますが、会うたび会うたび復縁を迫るような男性は女性からしたら恐怖を感じてしまう可能性さえあります。

場合によってはストーカー予備軍のように感じられてしまうこともあるので、別れる前は良い関係だったからと言って、当時と同じ距離感で復縁を迫るのはナンセンスです。

本気で復縁を実現したいからこそ適度な距離感を意識しつつ、恋愛や結婚に執着することなく、一緒にいて心地よい関係の構築から少しずつ相手から復縁を考えるような関係への発展を目指してみてはどうでしょうか。

相手を尊重する気持ちを持つ

相手を尊重する気持ちを持つ、これも復縁を成功させるために重要なポイントです。

例えば相手が少し復縁を考えているような段階で、「今ならイケる!」と復縁をゴリ押すようなことは絶対にNGです。

相手の女性に復縁が頭をよぎるぐらいの段階でゴリ押すようなことをせずに、相手の迷いや悩みなども尊重した上で少しずつ復縁に向けて動いていく、それが40代男性としてのスマートな行いだと言えるでしょう。

また一緒に食事をしたり軽いデートのような時間を過ごしていたとして、相手を尊重せずに自分の最近の話ばかりをしたり意見を押し付けるようなことは絶対にNG!

逆に相手の近況や悩み、最近の楽しみなどを会話の中で共有することで、女性視点でも素敵な時間を過ごすことができます。

40代で復縁できないと悩む男性は、ぜひ相手を尊重する気持ち、そして会話や一緒に過ごす中でも相手を尊重しエスコートするようなことを意識してみることを強くオススメします。

自覚がある悪い部分を改善

最後に自覚のある悪い部分を改善する点について触れていきます。

この「自覚がある悪い部分」は人それぞれですので、一概にどの部分を改善するのかは異なる部分です!

ですが、例えば酒癖が悪いことが別れる原因になってしまったのなら、復縁のために断酒・禁酒をしましょう。

今なら一昔前と違い「美味しいノンアルコールビール」などもあるため、置き換えるような選択肢も取れるでしょう。

また本気で復縁をしたいなら「禁酒セラピー」や「アルコール依存症カウンセリング」などを選択することもできます。

それをせずに自分の気持ちだけで復縁したいと思っても、そして相手に伝えても決して復縁につながることはないでしょう。

一例として「酒癖の悪さ」を挙げましたが、他にもタバコや育児に無関心、家事のサポート皆無など、女性からしたらかなりストレスに感じてしまう部分は多いもの。

そういった自覚がある悪い部分を改善して、女性が「今のこの人となら復縁をしても幸せになれるかも」と思えるような状態にしなければ、復縁が実現することは難しいでしょう。

逆に言えば女性視点で別れる原因、決め手となった部分を改善する、または現在形で改善のために動いていれば、その気持ちや姿勢が相手にも伝わるものです。

だからこそ自覚がある悪い部分、別れる原因になってしまったであろう部分を改善することは、復縁においてとても大切なポイントだと覚えておいてください。

40代男性で復縁できないと焦らずにできることをする

復縁のお願いを受け入れる女性

今回は復縁できないと悩む40代男性へ向けて、復縁を成就させるためのポイントについてお話をしてきました。

✅ 相手を意識しすぎない
✅ ある程度はポジティブに
✅ 適度な距離感を大切に
✅ 尊重する気持ちを大切に
✅ 自覚がある悪い部分を改善

40代男性で復縁ができないと悩んでいる方は、まずは当ページでお話してきた上記のポイントを意識しつつ、そして実践できる部分は積極的に取り入れてみてください。

特に「自覚がある悪い部分を改善」はとても大切なポイントで、とにかく復縁のために自分を磨き続けることが大切です。

ちなみに「復縁の為なら何でもする!」という男性は多いのですが、禁煙や喫煙をはじめライフスタイルの改善などを指摘されると「いや、それはちょっと…」と難色を示す人はとても多いです。

もし相手の女性がそこが原因で嫌いになった、復縁を考えられないと思っているのであれば、極端な話それ以外の部分を頑張っても復縁は難しいでしょう。

何が原因で復縁できないのかは相手次第、そしてそれぞれの関係によって異なりますが、本気で復縁をしたいと考えているのであれば、復縁の阻害要因となっているような部分を改善しつつ、無理ない距離感で相手にアプローチをすることが大切だと覚えておいてください。

復縁を実現する前に別な男性とお付き合いをされてしまった、なんてことがないように復縁の可能性がある段階で本気で取り組むことを強くオススメしますよ。

まとめ

復縁できた40代男性と女性

40代で別れてしまったら復縁をするのは難しいのでは、との悩みを抱えている男性は多いようです。

この記事では、今回は40代男性で復縁できないと悩んでいる方々へ向けて、復縁のために実践するべき大切な5つのポイントについて徹底解説!

各項目に目を通し、そして復縁のために実践をしてみてください。

あわせて読みたい
再婚する男性のメリット5つとデメリット3つ
再婚する男性のメリット5つとデメリット3つ

再婚する男性のメリット5つとデメリット3つを解説。再婚を成功させるためのポイント、事前にお相手と話し合っておくべきこと、子連れ再婚の注意点、離婚経験者が再婚する際の法律や手続きについて知ることができます。

続きを見る

-婚活
-,